アセス

歯科医師インタビュー

ホーム > 歯科医師インタビュー > 歯ブラシとブラッシング方法

歯ブラシとブラッシング方法

歯周病専門医の立場から歯周病対策に最適な歯ブラシをご紹介

歯周病ケアに最適な歯ブラシを教えて下さい

私がおすすめするのは『アセス歯ブラシ』です。

ポイント1歯と歯肉の境目に当てやすい
ブラッシングでしっかりと汚れを落とすためには、ヘッドの形状が非常に大切です。小さすぎると磨き残しが出ますし、大きすぎると奥まで磨けなくなってしまいます。アセス歯ブラシは、コンパクトヘッドでありながら小さすぎず、しかも、ブラシの外側の毛束が長いという独特の形状になっています。そのため、歯と歯肉の境目にぴったりフィットして、溝(歯周ポケット)に溜まった汚れまでしっかり落とすことができます。

ポイント2医薬品の歯磨き「アセス」と好相性
アセス歯ブラシは、歯磨き粉をホールドしたまま磨けるように、段差のあるU字型植毛になっています。つまり、抗炎症作用など、「アセス」の優れた薬理作用が発揮されやすいように設計されています。


正しいブラッシングの方法を教えて下さい

ポイント1ブラシはギュッと握らない
親指・人差し指・中指の3本の指で、歯ブラシを軽くにぎります。“グーにぎり”では力が入りすぎて歯肉を傷めてしまいます。歯ブラシはストレートハンドルのものが力を伝えやすく扱いやすいでしょう。

ポイント2ブラシは境目にあてる
歯と歯肉の境目部分に斜め45度の角度でブラシを当てましょう。歯ブラシの毛束が歯と歯肉の境目や歯周ポケットの奥まで届いて、汚れをきちんと落とすことができます。

ポイント3ブラッシングは小刻みに動かす
しっかりと汚れを落とすためには、小刻みにブラッシングするのがポイント(振り幅は1cm、1ヶ所につき20回程度を目安に)。1ヶ所磨いたら少しずつずらしながら磨きます。磨き残しを防ぐためにも、上の歯から順に奥歯、前歯、表、裏などと、磨く順番を決めておくとよいでしょう。歯ブラシは、1か月に1本を目安に新しいものに替えましょう。

ポイント4歯間ブラシをプラス
歯周病の方はとくにブラッシングでは、歯と歯の間の歯垢は取りきれません。ブラッシング後に、デンタルフロスや歯間ブラシを使うことをおすすめします(すき間がある人は歯間ブラシを選択)。さらに、半年に1回は歯科医院で、自分ではとれない歯石や歯垢を除去してもらいましょう


歯磨き粉の上手な選び方を教えて下さい

ポイント1
歯周病には研磨剤不使用のものが好ましいです。研磨剤入りのものを多量に使うと歯周病で露出した歯の根もとを傷つけてしまう可能性があります。

ポイント2
発泡剤入りの歯磨き粉を多量に使わないようにしましょう。泡立ちが良いとさっぱりするので磨き残しがあっても磨けた気になってしまいます。


歯周病の症状に合った歯ブラシの使い分けポイントは?

歯周病が進行すると、歯肉が赤くなったり、腫れたり、歯肉から出血したりすることがあります。歯肉が炎症を起こし出血しているような場合は、アセス歯ブラシのソフトタイプ(毛足が長くやわらかいタイプ)を。炎症が収まってきたり、出血がない場合は、アセス歯ブラシのレギュラータイプ(毛足が短くソフトタイプよりかためのタイプ)と、使い分けるといいでしょう。

アセス歯ブラシの使い分け

歯科医師紹介

日本歯周病学会専門医・指導医
日本歯科保存学会専門医
アメリカ歯周病学会会員
日本インプラント学会評議員

鶴見大学歯学部 歯周病学講座教授

(かずひろ)
1981年:鶴見大学歯学部卒業
1985年:歯学博士号取得
1985年:鶴見大学歯学部助手
1991年-1992年:トロント大学歯学部留学
1996年:鶴見大学歯学部講師
1998年:鶴見大学歯学部助教授
2007年:鶴見大学歯学部准教授
2011年:鶴見大学歯学部教授
日本歯周病学会専門医・指導医
日本歯科保存学会専門医
アメリカ歯周病学会会員
日本インプラント学会評議員