アセス

- 開発背景と歴史 -HISTORY

歯みがき時代から「アセス」時代へ。
「アセス」が発売されたのは1978年(昭和53年)。
その開発背景と歴史をご紹介します。

毎日使える
歯周病薬の研究開発

アセス

「アセス」の誕生は1978(昭和53)年。ドイツ・マダウス社の「PARODONTAX」を日本向けに処方し、歯周病薬として発売。
約200種類の植物性生薬(ハーブ)を用いた3万検体の微生物試験を実施し、およそ10年の研究開発期間を要しました。歯周病薬が一般用としてほぼ売られていなかった当時、天然ハーブを配合した新製品として注目を集めました。

多様化する“歯ぐきケア”の
ニーズに対応

アセスL

1980~90年代は、歯肉炎の低年齢化、口臭エチケットの習慣などを背景に、爽やかなミント味の「アセスL」、小・中学生用「アセスジュニア」などを発売。2000(平成12)年以降は、歯周病と全身疾患に対する歯科分野の研究が進むなか、生活者の歯周病への関心も高まり、「アセスメディクリーン」、「アセスE」など、新たなターゲット層へのラインアップも拡充しています。

アセスの歩み

1978

『アセス』発売
カミツレ、ラタニア、ミルラの天然ハーブ配合の“毎日使用できる歯周病薬”として発売。

アセス

1979

『アセス歯ブラシ』発売
 

1982

『アセス歯ブラシS』発売
 

1985

歯ぐきマン
時代の顔 CMキャラクター
歯周病の症状である真っ赤な歯ぐきをイメージしたユニークなキャラクターが登場。

歯ぐきマン

1989

ライトなミント味の『アセスL』発売
『アセス歯ブラシソフト』発売

1990

小・中学生用
『アセスジュニア』発売
マウスウォッシュ
『アセス液』発売
 

1992

『アセスジュニア歯ブラシ』発売
 

1997

『内服用アセス』発売
 

2003

タモリ
時代の顔 CMキャラクター
アセスの新キャラクターとして登場。
歯周病に悩む中高年にアセスケアを訴求。

タモリ

2005

ラミネートチューブ(60g)の
『アセス』、『アセスL』発売
 

2006

『アセス錠』発売
 

2007

大容量「200g」の
『アセス』、『アセスL』発売
 

2008

医薬品マウスウォッシュ(原液タイプ)
『アセスメディクリーン』発売
3種類の天然ハーブ&ビタミンE配合
『アセスE』発売

アセスメディクリーン

2008

森泉
時代の顔 CMキャラクター
明るい性格が魅力的なモデル・タレント。「アセスE」の発売をきっかけに女性にも「アセス」を訴求。

森泉

2011

『アセス』、『アセスL』
パッケージリニューアル
 

2012

6品目の医薬品区分を
第3類医薬品に変更
 

2013

歯科医師が考えた推奨設計
『新アセス歯ブラシ』発売
 

2015

藤田寛之
時代の顔 CMキャラクター
「中年の星」と称されるプロゴルファー藤田選手がアセスの強みを“決め手は、効き目。”とアピール。

藤田寛之

2016

『アセス』、『アセスL』
パッケージリニューアル
 

2018

春風亭昇太
時代の顔 CMキャラクター
落語家で日本テレビの大人気番組「笑点」の6代目司会者。アセスの特長を真面目に楽しく訴求。

春風亭昇太