歯周病には医薬品のアセス|佐藤製薬
acess

sato

歯科医インタビュー
「お口のトラブル、そのままにしていませんか?」

Q1:お口のトラブルを放っておくと、どの様なリスクがありますか?

あおぞら歯科医院 院長 神成貴夫 先生(以下 神成先生):
例えば、むし歯を放置して重度になると、神経まで到達して歯の根がダメになる可能性が高くなってしまいます。最終的には歯を抜かざるを得ないこともあります。そうなればブリッジやインプラントなどの治療をすることが必要になり、治療期間も長くなりますし、ご負担も大きくなります。痛みや自覚症状が出る前に、定期的に来院された方が時間もかかりませんし経済的です。
再生治療などのような技術もありますが、その治療が適応可能な範囲は限られています。症状が進行するほど治療の選択肢は限られてしまいますし、治療の効果が得づらくなってしまうという点は、みなさんに理解いただきたいです。


Q2:先生のクリニックでは、どの様な患者さんが初診でいらっしゃいますか?

神成先生:
以前治療した詰め物やかぶせ物が取れた、歯ぐきが腫れている、むし歯で歯がしみるなどのトラブルで来院される患者さんが多くいらっしゃいます。忙しい日常生活の中で歯科医院に来る時間を作ることは、なかなか難しいのはわかります。ただ、何も問題がなくても定期的に歯科医院にいらして頂くことにより、トラブルを未然/早期に発見し、より良いお口の環境を整えていければと願っています。中には重度のむし歯や歯周病の方もいらっしゃって、もう少し早くいらして頂ければより短い治療期間、少ない治療でメインテナンスに移行できたのにと感じる事が多くあります。


Q3:定期的に歯医者さんに行くことで、どの様なメリットがありますか?

神成先生:
「何の問題もない」と思っていても、虫歯や歯周病が進行していたり、昔のかぶせ物の高さが合わなくなって噛み合わせが悪くなっていたりなど、お口の中には自覚症状のない問題がひそんでいることがあります。定期的に検診をする事で皆さまのお口の状態を確認し小さなトラブルが大きく進行しないよう、防いでいく事ができます。
入れ歯の方も同様です。実は噛み合わせが合っていないまま、「こんなもんだろう」と使い続けている方は多いと思います。入れ歯の方においても定期的に検診をすることで、患者さまのお口に合った、より良い環境を整えておくことができます。


Q4:定期検診以外に、口の中の環境を整えるために自身でできることはありますか?

神成先生:
歯磨きに尽きると思います。ただ磨けばいいというわけでなく、自分に合った歯ブラシや歯磨剤を選ぶことが大切かと思います。歯ブラシも歯磨剤もたくさん種類があります。近年では多くの成人の方が歯周病に罹患していますが、歯周病に特化した歯磨剤を使ってセルフケアするのも良いかと思います。「歯周病のための医薬品」にあたる製品もあるので、そのような製品の情報も参考にされた上で、うまく活用されると良いでしょう。

Q5:入れ歯の方も、同じセルフケアでよろしいでしょうか?

神成先生:
入れ歯の方の場合、残っている歯はもちろん、入れ歯のお手入れがとても重要です。一見キレイに見える入れ歯でもトラブルの原因になる菌などが付着していることがあります。お口や入れ歯などに潜む細菌が原因となると言われている誤嚥性肺炎が、近年ではとても大きな問題となっています。誤嚥性肺炎の予防のためにも、入れ歯を含めお口の中をきれいに保つことがとても重要です。定期的に来院していただいて、歯科医院専用の薬剤などで入れ歯を洗浄することにより、快適に使っていただけるだけでなく、入れ歯をより長持ちさせることができます。


Q6:最後に、定期検診の重要性についてもう一度お教えください。

神成先生:
定期的に歯科医院にいらして頂くことで、お口の健康状態を確認するだけではなく、デイリーケアの仕方をお伝えし、今のその方にぴったり合ったツールや補助材の組み合わせをお勧めすることができます。同じ方でも年齢や生活環境など、ライフスタイルにより口腔内の状況は変化していきますので、変化に応じたケアやツールをその時々でお勧めすることができます。長くお付き合いできる歯科医院を探して、定期的に通っていただくことが理想です。
繰り返しになりますが問題がなくても、まずは検診に行くことが口の中の環境を整える第一歩です。どうぞ気軽に最寄りの歯医者さんに足を運んでみてください。





あおぞら歯科医院院長
神成 貴夫
Profile
2000年:東京歯科大学卒業
2002年:あおぞら歯科医院開設
▼日本臨床歯周病学会所属
▼I.E.P.O.スタディグループ所属

罫線
関連記事

前へ

次へ



Page top