アセス

アセスとは?

ホーム > アセスとは?

「アセス」は歯肉炎・歯槽膿漏の諸症状に対する効き目が証明された「医薬品」です。

歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)に対する「アセス」の臨床試験成績 歯周病(歯肉炎・歯槽膿漏)に対する「アセス」の臨床試験成績

効き目のポイント

<日本で初めての天然ハーブ由来の歯周病薬です>

「アセス」の開発にあたっては、約200種類の植物性生薬(ハーブ)を用いた3万検体の微生物試験を実施しました。
その結果、止血、収れん、 抗炎症、口臭除去、抗菌活性に優れたカミツレ、ラタニア、ミルラの3種のハーブを厳選しています。合成の殺菌剤を使用していませんので、毎日お使いいただけます。

詳しくはコチラ

開発背景と歴史

<歯みがき時代から「アセス」時代へ>

「アセス」が発売されたのは1978年(昭和53年)で、歯周病専門薬が一般用としてほぼ売られていなかった当時、天然ハーブを配合した新製品として注目を集めました。

詳しくはコチラ
関連ページ 製品一覧歯周病チェックシート歯ぐきを守る3つのC